軽量床衝撃音発生器 タッピングマシン FI-01 取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

軽量床衝撃音発生器 タッピングマシン FI-01取扱説明書:雑音発生器・床衝撃音発生器:騒音測定器・振動測定器

タッピングマシンともいい、JIS A 1418-1に規定された、建築物の床衝撃音遮断性能の測定に用いられます。

機種名 軽量床衝撃音発生器 タッピングマシン
型番 FI-01
メーカー名 リオン

ハンマーヘッド

軽量床衝撃音発生器 タッピングマシン FI-01の詳細を見る
軽量床衝撃音発生器 タッピングマシン FI-01

簡易取扱説明書

操作方法
1)保護板を取り外します。
2)電源・動作スイッチがオフの状態(「OFF」が上)であることを確認した後、電線接続端子に電源コードを接続し、プラグを電源コンセントに差し込みます。
3)電源周波数選択スイッチが本器を使用する地域の周波数になっていることを確認します。
4)測定する目的に応じてハンマーヘッドを交換します。
5)本器を衝撃を与える床に設置します。
6)高さゲージを用いて床上高さを調整します。
7)電源、動作スイッチを45度左に回して(スタンバイの位置)、ハンマーの上下運動を確認します。
8)電源・動作スイッチを左に回して「ON」が真上になるようにします。
※ハンマーが衝撃運動を始めます。
9)測定を中断する場合は、電源・動作スイッチを右に回し、スタンバイの位置にします。
10)終了する場合は、電源・動作スイッチをオフ(「OFF」が真上になる)にしてハンマーをロックします。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能