4chデータレコーダー DA-20 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

4chデータレコーダー DA-20(リオン):レベルレコーダー:騒音測定器・振動測定器

DA-20は、現場で音響・振動波形や各種電気信号を収録できる4チャンネルの小型データレコーダーです。データはWAVE形式でメモリーカード(CFカード)に記録し、アナログ信号で再生できます。
コンピューターで直接読み込むことができ、波形分析処理が行えます。

機種名 4chデータレコーダー
型番 DA-20
メーカー名 リオン

センサー

4chデータレコーダー DA-20

特長

  • 計量法施行規則第38条別表第4に記載のデータレコーダー(音圧レベル・振動加速レベル)の仕様に適合します。
  • 稼動時間 約8時間(単3形アルカリ乾電池4本使用時) 約30時間(バッテリーパックBP-21 単1形アルカリ乾電池4本使用時) 。
  • CCLD搭載(定電流駆動電源) 。
  • DC〜20kHz(対応周波数範囲) 。
  • 軽量480g(電池含まず) 。
  • 収録時間約180分(2ch、20kHz×2.4)。
  • アナログ再生信号は、FFT分析器などて処理が可能。
  • 駆動部が無く、振動や高湿度の環境下で使用可能。動作音は無音。
  • 音声メモ機能搭載。
  • 操作性の良いスイッチ。

収録データの活用方法

収録データの活用方法

波形処理ソフト DA-20PA1【環境向け】(オプション)

DA-20PA1は、4chデータレコーダーDA-20を使用して収録されたデータファイル(WABE形式)をコンピューターで表示および基本的な分析をするソフトウェアです。波形の表示は全体表示と詳細表示ができ、FFT分析・オクターブバンド分析が選択できます。環境の使用に適しています。
※対応OS:Microsoft Windows 2000/XP

オクターブバンド分析画面例/FFT分析画面例

波形
読込みできる波形 DA-20またはSA-78WRで収録したWAVE波形
表示機能 時間軸拡大縮小、実効値、時間率騒音レベル
フィルタ処理 ハイパス、ローパス、バンドパスを任意に選択・フィルタ後の音の再生
ファイル出力 WAVE形式/CSV形式(どちらもCH分割、区間指定が可能)
FFT分析
周波数レンジ データコレクタDA-20の設定による
サンプリング点数 64〜32,768ポイント
平均機能 リニア平均
窓関数 ハニング、レクタンギュラ、フラットトップ
表示機能 パワースペクトル(スペクトル領域で微分積が可能)
オクターブバンド分析
適合規格 JIS C 1514(IEC 61260)クラス1
分析種類 1/1オクターブバンド、1/3オクターブバンド
分析周波数範囲 1/1オクターブバンド 0.5Hz〜8KHz(15バンド)
1/3オクターブバンド 0.4Hz〜16KHz(47バンド)
時間重み特性(時定数) 1ms、10ms、35ms、125ms(Fast)、630ms、1s(Slow)、10s
周波数重み特性 FLAT、A、C、G、Lv

波形解析ソフト CAT-78WR【産業向け】(オプション)

CAT-78WRは、4chデータレコーダーDA-20を使用して収録されたデータファイル(WAVE形式)をコンピューターで表示および基本的な分析をするソフトウェアです。FFT分析・オクターブバンド分析・スペクトルマップ分析などが選択でき、クロススペクトル・伝達関数の表示も可能です。
※対応OS:Microsoft Windows 98SE/ME/2000/XP(本製品はキャテック株式会社の製品です)。

波形読み込み画面 4画面表示画面 スペクトルマップ画面
波形読み込み画面 4画面表示画面 スペクトルマップ画面
重ね書き画面    
重ね書き画面    

仕様

FFT分析
周波数レンジ 100Hz、200Hz、500Hz、1kHz、2kHz、5kHz、10kHz、20kHz
サンプリング点数 64〜32,768ポイント
平均機能 リニア、最大値ホールド
時間窓 レクタンギュラ、ハニング、フラットトップ、指数、フォース
表示機能 パワースペクトル、クロススペクトル、スペクトルマップ、伝達関数、コヒーレンス
1/Nオクターブバンド分析
適合規格 JIS C 1514:2002
IEC 61260:1995 Class 1
分析周波数 1/1オクターブバンド:0.5〜8,000Hz(15バンド)
1/3オクターブバンド:0.4〜10,000Hz(45バンド)
1/12オクターブバンド:0.36〜11,000Hz(180バンド)
平均機能 リニア、指数、最大値ホールド
表示機能 バーグラフ、数値リスト

簡易取扱説明書

CAT-78WRの簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。

Page Top

仕様

入力部
入力 信号入力 4ch(BNC)
音声メモ入力 1ch(音声メモ用マイクφ3.5 4極ミニジャック)
外部トリガ 1(φ2.5ステレオミニジャック)
3ch振動入力プリアンプ用(7ピン)
リモコン端子[リモコン用 8pin MINI DIN]
信号入力 入力電圧レンジ ±0.01Vpk、0.0316Vpk、0.1Vpk、0.316Vpk、1Vpk、3.16Vpk、10Vpk
入力インピーダンス 100kΩ以上
入力結合 AC/DC(ACカップル時:−3dB at 0.3Hz)(DCは1Vpk以上)
センサ駆動電源 2mA、18V
フィルタ(アナログ) ハイパスOff、10Hz(2次)
ローバスOff、100Hz、500Hz、1kHz(2次)
周波数特性 DC〜20kHz
20Hz〜12.5kHz:±0.5dB以内
1〜20Hz、12.5〜20kHz:±1dB以内
ダイナミックレンジ 80dB
音声メモ A:アイドリング中に記録
B:収録中常時ch.4を音声メモとして利用
C:収録中にch.4を音声メモに切り替え
出力部
端子 再生出力端子 4ch BNC(入力部と共用)
モニタ出力端子 1ch(φ3.5ステレオミニジャック)
収録時:選択された1chのアナログ信号出力
再生時:選択された任意の1ch/音声メモ
再生出力 再生出力端子 出力インピーダンス:600Ω
出力電圧:±3.16Vpk レンジフルスケールに於いて
出力信号:収録した信号を再生
モニタ出力端子 ±3.16Vpk
再生時出力選択 A:モニタ出力端子からの出力のみ
B:BNCとモニタ出力端子から出力 (A、Bから選択)
収録部
媒体 CFカード[〜2GB(FAT16)]
(動作を保証するメーカー販売品をお使いください)
量子化ビット数 16ビット
フォーマット WAVE形式(16bit非圧縮)
周波数レンジ 100Hz、500Hz、1kHz、5kHz、10kHz、20kHz
サンプリング周波数 周波数レンジ×2.4/2.56
プリ収録 収録開始キーを押したときより0s、1s、5s前からのデータ収録
トリガ部
トリガソース 外部:オープンコレクタ対応(NL-21、22、31、32対応)
内部:レンジフルスケールの0.1〜9.9%、10〜99%リニアピーク
トリガモード フリー、シングル、リピート(リピート時にはファイル分割)
プリトリガ 0s、1s、5s(トリガイベントからのプリタイム)
校正 読替[リニア(EU)、Log(dB)](chごとに設定可)
表示部
液晶 128×64ドット、121セグメント(バックライト付き)
表示内容 設定画面、収録画面、レベルバー、レベル時間表示(ピーク)
LED 各chkOverload表示、警告用
収録、再生、トリガ待ちなどの状態表示
電源部
電源 単3形乾電池×4、ACアダプター
外部DC 5V〜15V、消費電流160mA(6V)
(周波数レンジ100Hz、CCLD OFF、バックライトOFF)
使用時間 20kHz 4ch
CCLD使用時:約4.5時間
CCLD未使用時:約8時間
20kHz 1ch
CCLD使用時:約4.5時間
CCLD未使用時:約10時間
100kHz 4ch
CCLD使用時:約5時間
CCLD未使用時:約9.5時間
使用温湿度範囲 −10〜+50℃ 10〜90%RH以下(結露しないこと)
寸法 約140(H)×175(W)×45(D)mm
重量 約480g(電池含まず)

構成品

標準構成品 本体、CFカード、ACアダプター(NC-98A)、イヤホン、BNC-BNCコード×3、メモ用マイク、リモコン、ビュアーソフト(DA-20 Viewer)、本体ソフトケース、バッテリーパック、収納ケース、取扱説明書

オプション品

オプション 波形処理ソフト(DA-20PA1)、波形解析ソフト(CAT-78WR、USBキー(プロテクタ)、DA-20PA1バージョンアップソフト、CAT-78WRバージョンアップソフト、プログラムカード、CAT-WAVE、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ騒音測定器・振動測定器のレンタル商品

精密騒音計 NL-62
精密騒音計
NL-62

1 Hz〜20,000 Hzまでの広帯域を計測。 低周波音から騒音まで1台で同時に計測

振動レベル計(カード付)VM-53A
振動レベル計(カード付)
VM-53A

計量法ならびにJIS C 1510:1995に適合した振動レベル計

汎用振動計 VM-83
汎用振動計
VM-83

4種類の入力端子を持ち合わせ、加速度・速度・変位が選択が可能

騒音振動表示装置 EB-01
騒音振動表示装置
EB-01

工事現場などに設置し、用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能