自動走査式RI密度水分計 SRDM-PWS30C レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

自動走査式RI密度水分計 SRDM-PWS30C(ソイルアンドロックエンジニアリング):RI測定器:岩盤・地盤調査試験機

自動走査で測定容積を従来の10倍にすることによって、土の不均一さからの影響を軽減し、測定精度を向上しています。

機種名 自動走査式RI密度水分計
型番 SRDM-PWS30C
メーカー名 ソイルアンドロックエンジニアリング //
自動走査式RI密度水分計 SRDM-PWS30C

RI測定器のよくある質問はこちら

特長

大容量測定/表面整形不要

  • SRID(自動走査式RI密度水分計)は、線源棒上で1周/分のスピードで回転。
  • 深さ30cm、直径80cm、従来型に比べて約12倍もの領域の測定を実現しました。
  • 不陸の影響も自動的に補正してくれますから、測定面をならす手間も不要。
  • 精度の高いデータをスピーディーに測定できます。
  • 専用の削孔機を使用することによって、大きな石があっても、容易にまっすぐ削孔できるので測定が簡単になります。

5大特長

  • 1.測定領域が深さ30cm、直径80cmの大容量。
  • 2.表面整形が不要。
  • 3.不陸の影響を自動補正。
  • 4.精度の高いデータを提供。
  • 5.簡単操作で測定時間を大幅に短縮。

仕様

測定方法 密度:ガンマ線透過型、水分:速中性子線透過型
測定深さ 30cm、20cm
測定時間 2〜18分、任意設定(BG測定含む)
走査速度 1rpm
線源 密度測定:60Co2.6MBq密封線源
水分測定:252Cf1.1MBq密封線源
検出器 密度測定:Nalシンチレーションカウンター
水分測定:3He比例計数管
寸法 860(W)×130(D)×410(H)mm(本体のみ)
重量 19.5kg(バッテリーカセット装着時)
出力 LCD、プリンター
使用温度 0〜+50℃(ただし結露しないこと)

構成品

標準構成品 本体トランク、本体、チャージャートランク、バッテリーカセット用充電器 ×2、バッテリートランク、バッテリーカセット×3、線源コンテナ、線源ロッド、 付属品トランク、ロッドプレート×2、BG用ダミーロッド、打ち込み棒×2、ハン マー、六角レンチ、付属品収納袋、ベースプレート、プリンタ用紙、インクリボ ンカセット、取扱説明書、原子力規制委員会届出書類

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)