コーンペネトロメーター S-217取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

コーンペネトロメーター S-217取扱説明書:貫入試験機:岩盤・地盤調査試験機

最も操作が簡単で携帯型の静的円錐貫入試験器で、先端コーンを人力によって静的に土中へ押し込む時に要する貫入抵抗をプルービングリングで測定して粘性土の相対的強度、粘着力、一軸圧縮強度及び許容地耐力の概算値等を求めます。軟弱な粘土、シルトあるいは泥炭を主体とする軟弱地盤が最適で、粘性土のおよその粘着力、深さを風速に測定し、地盤断面の概略を把握するのに便利です。

機種名 コーンペネトロメーター
型番 S-217
メーカー名 西日本試験機
コーンペネトロメーター S-217の詳細を見る
コーンペネトロメーター S-217

簡易取扱説明書

I.使用方法 コーンペネトロメーターを地盤に垂直に立て、手の力が加わらない状態でダイヤルゲージの外枠を廻し0の位置に針を合わせる
垂直に圧力を加え1cm/sec程度の速度でコーンを貫入させていく
ロッドの10p間隔の刻線が地表にうまる毎にダイヤルゲージの値を読み取り貫入抵抗を求める
※刻線の手前で貫入を一旦止め、再び圧力を加えコーンが貫入する瞬間のダイヤルゲージの値を読み取る
この測定を同一試験地点付近で2回以上行い、各測定点の深さの平均値を求める
II.コーン貫入抵抗qcの求め方 ※qc=1.55(KD+1.28+7.65n)
K:使用したコーンペネトロメーターの力計の校正係数
D:力計の読み値
n:ロッドの使用本数

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)