土研式貫入試験器 S-213 取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

土研式貫入試験器 S-213取扱説明書:貫入試験機:岩盤・地盤調査試験機

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した貫入試験機です。ロッドはφ25mm、コーンはφ30mm、重錘は5kgで、ワイヤー・滑車付き三脚が付属しています。

機種名 土研式貫入試験器
型番 S-213
メーカー名 西日本試験機
土研式貫入試験器 S-213の詳細を見る
土研式貫入試験器 S-213

簡易取扱説明書

I.使用方法
  1)ノッキングヘッド、ガイドロッド、ロッド、先端コーン及び重錘を測点上に組み立てる。
2)組み立てた測定器を安定させるため、三脚パイプで支持する。
3)重錘(5s)をノッキングヘッドより50cmの高さまで持ち上げて、ガイドロックに沿って自由落下させる。
4)3)の操作をコーンが10cm程度貫入するまで行う。
※この時のコーンの貫入深さ(cm)と打撃回数Nを記録する。
5)ノッキングヘッドと地表の距離が50cm程度になればロッドを継ぎ足し測定を行う。
6)毎回の貫入量が小さい場合は、単位長さを貫入するのに要する打撃回数を測定する。
II.貫入量の求め方
  1)コーンが10cm程度貫入するまでを1回分の測定値とする。
※この時のコーンの打撃回数と累計貫入量を記録する。
2)それぞれの累積貫入量より単位貫入量(dcm)を求め、以下の式から打撃回数Ndを求める。
※Nd=N÷d×10
N:打撃回数
d:単位貫入量
3)貫入深度とNdより貫入曲線を求める。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)