JIS型現場密度測定装置 S-207 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

JIS型現場密度測定装置 S-207(西日本試験機):現場密度測定器:岩盤・地盤調査試験機

JIS A 1214の「砂置換法による土の密度試験方法」に適合した現場密度測定器です。この試験の土の最大粒計は53mm以下と、JIS規格で規定されています。

機種名 JIS型現場密度測定装置
型番 S-207
メーカー名 西日本試験機
JIS型現場密度測定装置 S-207の取扱説明書

測定には、電子秤と基準砂(販売)が別途必要となります。 ご入り用の場合はお申し付けください。
電子天秤はこちら

JIS型現場密度測定装置 S-207

特長

  • 現場における土の単位体積を乾砂で置換し、 土の体積を間接的に測定する装置で、粘性土、非粘性土またはレキ混じり土のいずれの場合にも適用します。
  • JIS A 1214準拠品です。

仕様

ジャー 容量約4リットル、アクリル製底付きビン。アタッチメントに接続できる雄ネジとなっている
アタッチメント ジャーを接続するピクノメータートップとバルブを有する
口径12.5mm+のバルブガイドおよび、下端の径162mm、アタッチメントまでの高さ134mmのロートが一体となっている
アルミ合金製
ベースプレート 地表面とロートが密接しない場合および試験孔がロートの径より大きいか小さいかの場合に用いる正方形の板で、中央にロートと等しい径162mmの穴を有し、外側寸法300×300mm金属製
標準マス 砂の単位体積重量を測定するための金属製の標準マス
内径169.4mm×内高8.88mm容量2,000cc
キャッピング板 ロート部分を砂でマス砂の重量を求めるときに使用
厚さ6mm、一辺の長さ200mm正方形で塩ビ透明製

構成品

標準構成品 標準マス、ジャー(4リットル透明アクリル製)、アタッチメント、ベースプレート、キャッピング板(200×200mm透明塩日板)、ストレートエッジ平型、移植用スコップ 、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)