配管用密度計 PIRICA-S1 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

配管用密度計 PIRICA-S1(ソイルアンドロックエンジニアリング):RI測定器:岩盤・地盤調査試験機

PIRICAは圧送配管内を流れる試料(汚泥、泥土等)全量の密度をリアルタイムで測定、かつ連続的にモニタリングできる密度計です。密度管理を飛躍的に向上させます。

放射線障害防止法の規制対象外での利用が可能なガンマ線源である。133Ba(1MBq)を使用した、配管用密度計です。放熱仕様の防水アルミ筐体の採用により、温度耐性、防水性を搭載。

NETIS登録番号:KK-170002-A

機種名 配管用密度計
型番 PIRICA
メーカー名 ソイルアンドロックエンジニアリング//
配管用密度計 PIRICA-S1

RI測定器のよくある質問はこちら

測定結果の一例

配管用密度計 PIRICA-S1

仕様

ガンマ線検出部 シンチレーション方式採用
ガンマ線源 133Ba(バリウム133)、1MBq、半減期10.51年
適用配管 1〜8インチ鋼管、3インチ以下は両端カムロック接続の計測配管付属(その他の配管は要相談)
※外径が変化するゴム・フレ牛シブル管は適用不可。
測定対象 液体、スラリー(空気の混入無きこと)
測定範囲 密度 1.000〜2.500g/cm3 (固形分の比重を入力することで、濃度、W/C、単位水量等に換算可能)
測定精度 標準偏差 0.004g/cm3 (W/C換算で0.2%)
測定条件 133Ba、密度2.000g/cm3 、測定時間300秒、2インチ管
電源 内蔵Liイオンバッテリー16000mAh (6時間充電で約24時間の計測が可能)または、DC5V(AC100Vアダプタ付属)
出力 出力値 ガンマ線計数率(cps)
有線 RS422に準拠(ケ−ブル長30m)
無線 Bluetooth class1 (通信距離約100m)
耐用環境 0〜45℃(結露無きこと)
防止機能 検出部 防水、防塵(IP65)
重量 機器一式 5.5kg(線源込、配管除く)
本体寸法 検出部 85×279×92mm (凸部除く)
機器寸法(一式) 機器一式 126×279×223mm (2インチ配管用の組上げ)

構成品

標準構成品 密度計本体、線源部、配管ホルダー部、AC電源ケーブル、アナログ出力ケーブル(50m)、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)