簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-61取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-61取扱説明書:載荷試験機:岩盤・地盤調査試験機

JISA1210規格に相当するランマーに特殊な加速度計を組み込んだもので、締め固められた路床・路盤に45cmの落下高さから4.5kgの重錘を自由落下させ、その衝撃加速度「インパクト値」の大小をデジタル表示器に即座に表示します

機種名 簡易支持力測定器 キャスポル
型番 MIS-244-0-61
メーカー名 マルイ

現場で簡単に使えます

簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-61の詳細を見る
簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-61

キャスポルについてのよくある質問はこちら

簡易取扱説明書

I.測定 1)平坦な場所にランマーの三脚を固定しランマー固定ピンを抜く。三脚の脚を伸縮調整する。
※ランマーのシャフト部の赤い線がランマー本体の最上面の位置と合う高さ。
気泡を赤い丸の中に入れる。
2)本体とランマーを接続ケーブルで接続し、本体裏面のスイッチを【ON】にする。
3)ランマーを垂直に「カチッ」音がするまで引き上げる。
4)上面にあるスイッチレバーを固定から解除にひねり自由落下させる。
5)表示部に測定結果が出るので、データーを保存する場合には【記憶】キーを押し、その結果をデーターシートに記入する。
II.データの出力・記録紙の交換 1)本体の【印字】キーを押すことにより保存している測定データーを出力できる。
2)データーを初期化(消去)する時には【初期化】キーを押し、次に【↓】キーを押すと、全てのデーターを消去することができる。
※【↑】キーを押すと初期化を取り消しできる。
記録紙の交換はプリンター左右のツマミを押しながらカバーを引き出し、プリント基板中央下部の赤いツマミを持ち全体を引き出し用紙交換する。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト