デュアルタイプ膜厚計 エスカル LZ-990の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

デュアルタイプ膜厚計 エスカル LZ-990取扱説明書:膜厚計:非破壊検査機

簡易取扱説明書

1.測定準備
1.電源キーを押して電源を入れます。
電源を入れる  
2.「設定」を選択してEntキーを押します。
「設定」を選択 Entキーを押す
3.上下キーで「調整方法」を選択してEntキーを押します。
「調整方法」を選択 Entキーを押す
4.「多点調整」を選択しEntキーを押し、最初の画面に戻ります。
「多点調整」を選択 Entキーを押す
5.左右キーを使って「調整」を選択しEntキーを押します。
「調整」を選択 Entキーを押す
6.何も被膜のかかっていない素地を4〜5回測定します。測定の度にブザーが鳴り測定値を表示します。
4〜5回測定  
※この時に機器が素地の種類を認識します。
7.Entキーを押します。左右キーまたは上下キーを押して、素地の被膜の厚さ(0.0μm)を入力しEntキーを押します。
素地の被膜の厚さを入力  
8.素地の溝に合わせて標準板(プラスチック板)をのせ、4〜5回測定します。
4〜5回測定  
※標準板による調整は薄い順に行ってください。
9.Entキーを押し、左右キーまたは上下キーを使用して標準板の被膜の厚さを入力します。
標準板の被膜の厚さを入力  
10.次の標準板をのせ、「8」・「9」の操作を繰り返し最後にEntキーを押し最初の表示に戻ります。これで調整の操作は終わりです。
2.測定開始
1.対象物に軽く押し当てます。「ピッ」とブザーが鳴れば測定完了です。
測定値はホールド(継続表示)していますので、測定面から本器を離しても表示は消えません。

ダウンロード

デュアルタイプ膜厚計 エスカル LZ-990の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ非破壊検査機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
工業用ビデオスコープ IPLEX FX
圧倒的な高画質を実現させたビデオスコープのハイエンドモデル

デジタル超音波探傷器 UI-25
デジタル超音波探傷器
UI-25

日本非破壊検査協会など各種協会認定試験への持込対応機種

超音波探傷器 EPOCH4
超音波探傷器
EPOCH4

高性能・フル装備の測定機能、優れたデジタル超音波探傷器

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
オンサイト測定に最適な完全防塵・防滴仕様

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト