デュアルタイプ膜厚計 LZ-300Cの簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

デュアルタイプ膜厚計 LZ-300C取扱説明書:膜厚計:非破壊検査機

簡易取扱説明書

1.測定条件
  • 測定時間:10m
  • 周波数重み特性:A 20 〜100dBレンジ
  • 動特性:FAST AUTO2
2.測定準備
1.磁性金属上の非磁性被膜の測定には黒いプローブを、非磁性金属上の絶縁被膜の測定にはグレーのプローブを接続します。
本体とプローブを接続 本体とプローブを接続
2.電源を入れます。
電源を入れる 起動画面
3.ファンクションキーを押します。
ファンクションキーを押す 液晶画面
4.SUB CAL(素材補正)キーを押します。
SUB CAL(素材補正)キーを押す 液晶画面
5.あらかじめ用意した素地(ゼロ板)に、プローブを押し当てたまま ENT(入力)キーを、正確に10回押します。
ENT(入力)キーを、正確に10回押す イメージ
6.10 回目にブザーが断続的に鳴り、表示部に【1F】と表示されます。
表示部に【1F】と表示  
7.プローブを空中に向けた状態で、ENT(入力)キーを押します。最初の表示に戻ります。
ENT(入力)キーを押す 液晶画面
8.FUNC(フクション)キーを押します。
FUNC(フクション)キーを押す 液晶画面
9.FOIL CAL(標準板調整) キーを押します。
FOIL CAL(標準板調整) キーを押す 液晶画面
10.ゼロ板(素地)を5回程度測定します。測定のたびにブザーが鳴り測定値を表示します。
ゼロ板(素地)を5回程度測定 測定結果
11.プローブを空中に向けた状態で、ENT(入力) キーを押します。表示部は【−−−】を表示します。
ENT(入力) キーを押す 出力画面
12.ゼロ板の被膜の厚さ(0μm)を入力します。
ゼロ板の被膜の厚さ(0μm)を入力 液晶画面
13.ENT(入力) キーを押すと、数値【0】が消えてS.NO が【0】から【1】に変わりますので、標準板による調整に移ります。
出力するページ番号を設定 出力画面
14.ゼロ板(素地)に40μmの標準板をのせて、5回程度測定します。
ゼロ板(素地)に40μmの標準板をのせて、5回程度測定  
15.プローブを空中に向けた状態でENT(入力) キーを押し、被膜の厚さを入力します。
ENT(入力) キーを押す  
16.4〜6 の操作を100μm・400μmの標準板を使って繰り返します。
ENT(入力) キーを押すと、最初の表示に戻ります。これで調整の操作は終わりです。
ENT(入力) キーを押す  
3.測定開始
1.プローブを測定面に垂直に当たるように、すばやく押し下げます。
プローブを測定面に垂直に当てる  

ダウンロード

デュアルタイプ膜厚計 LZ-300Cの簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ非破壊検査機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
工業用ビデオスコープ IPLEX FX
圧倒的な高画質を実現させたビデオスコープのハイエンドモデル

デジタル超音波探傷器 UI-25
デジタル超音波探傷器
UI-25

日本非破壊検査協会など各種協会認定試験への持込対応機種

超音波探傷器 EPOCH4
超音波探傷器
EPOCH4

高性能・フル装備の測定機能、優れたデジタル超音波探傷器

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
オンサイト測定に最適な完全防塵・防滴仕様

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト