膜厚計 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

膜厚計:非破壊検査機

膜厚計は素地の上に施した被膜の厚さを測定します。素地が鉄など磁性体用の電磁式膜厚計と、非磁性体用の高周波式(渦電流式)膜厚計があります。また、特殊用途の超音波式膜厚計もあります。 当社は、使い勝手の良い軽量小型のコンパクトタイプの膜厚計をラインアップしております。

膜厚計の測定原理について

電磁式
電磁式電磁式の測定方法について
渦電流式
渦電流式渦電流式の測定方法について
超音波式
超音波式超音波式の測定方法について
アイコンの説明はこちら
掲載されているアイコンの説明。
海外持ち出し可能機器
輸出可能機器です。対象国によっては難しい場合もあります。
詳しくはこちら

膜厚計一覧 - 比較表

機器名 鉄・非鉄素地両用
超音波膜厚計 QuintSonic7
超音波膜厚計 QuintSonic7
高性能膜厚計レプトスコープ 2042
高性能膜厚計レプトスコープ 2042
デュアルタイプ膜厚計 LZ-373
デュアルタイプ膜厚計 LZ-373
デュアルタイプ膜厚計 LZ-370
デュアルタイプ膜厚計 LZ-370
デュアルタイプ膜厚計 LZ-300C
デュアルタイプ膜厚計 LZ-300C/LZ-300J
デュアルタイプ膜厚計 LZ-990
デュアルタイプ膜厚計
LZ-990
メーカー名 エレクトロフィジック 日本マテック ケット科学研究所
機材案内 - - 人気 多機能 校正書 校正書 校正書 オススメ 校正書
方式
※1
超音波エコー反射方式 デュアルタイプ(電磁式・渦電流式切替)
塗膜
※1
塗料・ラッカー・プラスチック層 【電磁式の場合】
非磁性体※2鉄以外の金属
【渦電流式の場合】
絶縁体(アルマイト・塗料など)
素地
※1
GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)
鉄(鋼)、 鉄以外の金属
測定範囲
※1
10〜7500μm(音速値が2375m/sの時)
※積層合計
0〜0.50mm 鉄(鋼):0〜2.50mmまたは99.0mils 鉄(鋼):0〜2.50mm 鉄(鋼):0〜1.50mm 鉄(鋼):0〜2.00mm
非鉄:0〜1.20mmまたは47.0mils 非鉄:0〜1.20mm 非鉄:0〜0.80mm 非鉄:0〜2.00mm
測定精度
※1
±(1μm+読み取り値の1%) 100μm以上:1~3%±1μm 
100μm以下:1%±1μm 
〜50μm:±1μm
50〜1000μm:±2%
1000μm〜:±3%
LZ-300C
〜50μm:±1μm
50μm〜:±3%
LZ-300J
〜50μm:±1μm
50μm〜:±2%
〜50μm:±1μm
50〜1000μm:±2%
1000μm〜:±3%
特長 非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定可能 小径マイクロプローブ90°を採用し、狭く測定しにくい対象物も測定可能です。 データメモリ数 約39,000点。適合規格多数! RS-232Cケーブルでパソコンへデータ取り込みが可能です。 データメモリなし。 電磁式・渦電流式を自動で切替え。
機器名 鉄・非鉄素地両用 鉄素地専用
超音波式膜厚計 ULT-5000
電磁式/渦電流式両用膜厚計 SWT-9300
膜厚計 SWT-8200U
電磁式/渦電流式両用膜厚計 SWT-8200U
電磁式膜厚計 Pro-1
電磁式膜厚計 Pro-1[NEW]
電磁式膜厚計 Pro-2
電磁式膜厚計 Pro-2
電磁式膜厚計 SM-1100
電磁式膜厚計 SM-1100
電磁式デジタル膜厚計 SM-1500D
電磁式デジタル膜厚計 SM-1500D
電磁式膜厚計 SL-120C
電磁式膜厚計 SL-120C
メーカー名 サンコウ電子研究所 サンコウ電子研究所
機材案内 人気 多機能 校正書 多機能 校正書 校正書 校正書 校正書 校正書 -
方式
※1
デュアルタイプ(電磁式・渦電流式切替) 電磁式
塗膜
※1
【電磁式の場合】
非磁性体※2
【渦電流式の場合】
絶縁体(アルマイト・塗料など)
非磁性体 非磁性体※2(ニッケル以外ならメッキも可) 非磁性体
素地
※1
鉄(鋼)
鉄以外の金属
鉄(強磁性金属) 鉄(鋼)
測定範囲
※1
鉄(鋼):0〜3.00mm 鉄(鋼):0〜2.50mm 0〜0.50mm・0.2〜5.00mm(2列目盛) 鉄(鋼):0〜8.00mm 鉄(鋼):0〜15.00mm T:2〜15.00mm
U:0.2〜3.00mm
V:0〜0.30mm
非鉄:0〜2.50mm 非鉄:0〜2.00mm
測定精度
※1
【鉄・非鉄共通】
0〜100μm:±1μm
【鉄素地】
101μm〜3.00mm:±2% 
【非鉄素地】
101μm〜2.50mm:±2%
0〜100μm:±1μm
100μm〜:±2%
均一面に対して±2μmまたは指示値の±5% ±0.01mmまたは指示値の±3% ±0.01mmまたは指示値の±2% 均一面に対して±2μmまたは指示値の±5%
特長 プローブとの組合せで「鉄」および「非鉄」の両金属素地上の皮膜を測定可能です。 USBケーブルでデータ転送可。渦電流式のオプションプローブ(厚物用)あり。 現場用高性能膜厚計として、官公庁、試験場などの規格、基準、内規に適合しています。 厚さ8.00mmまでの厚い被膜を測定できる膜厚計です。1,800点のメモリー機能付き。 厚さ15.0mmの厚膜測定レンジを、分解能切り替えにより0.1mm/0.01mmでデジタル表示し、高精度の測定が可能です。 アナログのため、測定範囲がワイドです。
機器名 コンクリート素地専用 非鉄素地専用
超音波式膜厚計 ULT-5000
超音波式膜厚計 ULT-5000
渦電流式膜厚計 EL-1C
渦電流式膜厚計 EL-1C
メーカー名 サンコウ電子研究所 サンコウ電子研究所
機材案内 オススメ 校正書  
方式
※1
超音波式 渦電流式
塗膜
※1
FRP、エポキシ、ウレタン 絶縁体
素地
※1
コンクリート(木材) 鉄以外の金属
測定範囲
※1
0.5〜6.00mm
(塗膜の材質により異なる場合がございます)
T:0〜500μm
U:0〜100μm
測定精度
※1
±0.1mm 均一面に対して指示値の±5%
特長 超音波パルス反射方式を採用することによって、コンクリート上の塗膜厚さの測定を可能にしたコンクリート素地専用の膜厚計です。 アナログのため、測定範囲がワイドです。

※ 1mm=1000μm
※1 接続プローブによります
※2 磁石がくっつかず、電気を通す素材

よくある質問

校正用のテストピースはついていますか?

付けておりますが、測る対象物によって音速が異なりますので、実際の測定対象物で校正をして頂くようにお願いします。


測定対象被膜について

鉄素地
(磁性金属上の非磁性被膜)
素地
(鉄・鋼)
塗装、プラスチック、ラッカー、樹脂、ゴム、酸化被膜、亜鉛、クローム、錫、銅、アルミニウム、エナメル、ライニング、その他
非鉄素地
(非磁性金属上の絶縁被膜)
素地
(アルミニウム・銅・真ちゅうなど)
塗装、プラスチック、ラッカー、樹脂、ゴム、アルトマイト(陽極酸化被膜)、レジスト

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加