DGPS受信機 SPS351 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

DGPS受信機 SPS351(ニコン・トリンブル):GNSS受信機:GNSS測量機

SPS351は、中波ビーコン基地局やMSASなどの補正情報を受信し、サブメートルで位置を算出することができるDGPS受信機です。浚渫作業・深浅測量などの海上利用に適しています。

機種名 DGPS受信機
型番 SPS351
メーカー名 ニコン・トリンブル
DGPS受信機 SPS351

特長

  • 柔軟なモジュラー型で、海洋やOEMなど のアプリケーションにサブメートルの水平測位精度を提供。
  • IALA Beacon機能を搭載し、受信機やアン テナを外付けしなくてもMSKビーコン補正情報無料放送を受信。
  • 無線機や携帯電話を通じてDGPS RTCM 補正情報を受信すれば、ビーコンの圏外でもDGPS範囲を拡大。
  • イーサネットおよびブラウザ・インターフ ェースにより、インターネットを通じた遠隔アクセスまたはケーブル接続によるデ ータの監視や設定が可能。
  • Bluetoothワイヤレス機能搭載によりパソコンや携帯電話からケーブルフリーで設定や操作。

いつでもどこでも高い精度を提供

Trimble SPS351受信機はサブメートル精度のDGPS測位を実現。RTCM DGPS補正情報をIALA MSKビーコン無料放送や、インターネット経由でNTRIPソースから、あるいはWAAS、EGNOS、MSASなどのSBAS(衛星航法補強システム)から受信したり、ローカル基準局から外部無線機を通じて受信して使用します。

始めから終わりまで簡単

シリアル、イーサネット、Bluetoothなどの機能を標準NMEA出力プロトコルと組み合わせたことにより、簡単にソリューションに組み込むこともでき、遠隔操作もしやすいうえ、受信機のデータや機能へのアクセスも容易です。

サイトポジショニングシステム・シリーズの一つとしてジョブの要件を満たします

SPS351受信機はほかのサイトポジショニングシステム・シリーズ製品と同じインターフェースと接続部で、アクセサリも共通です。システム化されているので、製品ごとのトレーニング時間や備品の数を削減することができます。世界各国で複数の現場扱う企業にとっては、共通のユーザインターフェースを展開することにより、作業の柔軟性を高め、アプリケーションごとに異なるシステムを習得する必要性がありません。

用途

TrimbleSPS351 DGPS/ビーコン受信機は、海洋土木工事の多様なニーズに対応する、コストパフォーマンスに優れた受信機です。実績あるDGPS測位技術を堅牢な筺体と使いやすいインターフェースに組み込みました。Trimble HYDROproソフトウェアと組み合わせることにより、さまざまな海洋土木の現場に柔軟に対応します。

  • 浚渫。
  • 測位(曳船、停泊)。
  • 船舶誘導。
  • 岩や資材の設置。
  • 深浅測量。

仕様

ハードウェア仕様

タイプ モジュラー型
固定局と移動局の入れ替え 可能
固定局運用 SPS351
移動局運用 SPS351
移動局測位更新レート 1Hz、2Hz、5Hz、10Hz
移動局と固定局間の最大距離 制限なし
VRSネットワーク内の移動局運用 RTCM DGPSのみ可
キーボードとディスプレイ VFDディスプレイ 16文字2列 オン・オフキーによるワンボタン起動 EscapeキーとEnterキーによるメニューナビゲーション
寸法 24(W) × 12(H) × 5(D)cm(コネクタを含む)
重量 1.31kg (受信機のみ)
L1、GPS、MSKビーコン、SBAS GA530(SPS351キットに付属)
従来のTrimbleアンテナ L1/ビーコン、DSM 232 アンテナ未対応
動作温度 −40〜+65℃
保管温度 −40〜+80℃
湿度 MIL-STD 810F、Method 507.4
防水 IP67、1m水深までの水没、防塵
耐落下性 1mの高さから堅い地面への落下に耐える
衝撃:非動作時 75gまで、6ミリ秒、のこぎり歯状
衝撃:動作時 40gまで、10ミリ秒、のこぎり歯状
振動 Trimble Surveyプロファイル試験 (2.6gRMS): 5Hz–350Hz: 0.15g2/Hz; 350 Hz–500Hz; –6dB/オクターブ
計測 ・最新Trimble Maxwell5カスタムGPSチップ搭載
・L1信号対ノイズ比をdB-Hz 表示
・実績あるTrimbleの低仰角衛星捕捉技術
・12チャンネルL1 C/Aコード
・EVEREST™マルチパス除去技術
・2チャンネルMSKビーコン
・2チャンネルSBAS(WAAS/EGNOS/MSAS)
コードディファレンシャルGPS測位※1
補正タイプ DGPS RTCM v2.x
補正ソース 内蔵MSKビーコン、 外部無線機またはインターネットを介したDGPS固定局
水平精度 ±(0.25m + 1ppm) RMS
垂直精度 ±(0.50m + 1ppm) RMS
SBAS (WAAS/EGNOS/MSAS)測位※2
水平精度 通常 <1m
垂直精度 通常 <5m
外部電源 ・電源入力用7ピン0シェルレモコネクタは鉛酸バッテリ用に最適化してあり、電 圧10.5V以下で自動カットオフします。
・電源入力用26ピンDサブコネクタはTrimbleリチウムイオンバッテリ(P/N 9400)用に最適化してあり、電圧9.5V以下で自動カットオフします。
・10.5V〜28V DC外部電源入力、過電圧保護機能付き。
・受信機は外部電源に接続すると自動的に起動します。
消費電力 18Vで4.5W(移動局モード時)
通信
レモ(シリアル) 7ピンOSレモ、シリアル1、3ワイヤRS-232
モデム1(シリアル) 26ピンD-sub、シリアル2、Full9ワイヤ RS232(アダプタケーブルを介する)
モデム2(シリアル) 26ピンD-sub、シリアル3、3ワイヤ RS-232(アダプタケーブルを介する)
1PPS(パルス/秒) ケーブル(60789-00)経由
イーサネット マルチポートアダプター経由
USB マルチポートアダプター経由
Bluetooth 2.4 GHz Bluetooth※3モジュール内蔵、完全密封
外部GSM/GPRS、携帯電話サポート ダイレクトダイヤルおよび インターネットベースの補正情報ストリーム対応
内蔵MSKビーコン受信機 周波数帯283.5 - 325.0kHz
チャンネル間隔500Hz
MSKビットレート100および200bps
復調 最小偏位変調(MSK)
補正データ入力 RTCM 2.x
データ出力 NMEA、GSOF、1PPSタイムタグ

オプション

  • ※1. 精度と信頼性はマルチパスや障害物、衛星の配置、大気の状態などの変則的な要因によって異なります。 常に推奨された方法に従って作業を行なってください。
  • ※2. SBASシステムの性能に依存します。
  • ※3. Bluetooth型式認定は国により異なります。より詳しい情報につきましては、お問い合わせください。
  • SPS351はL2、L2CまたはOmniSTAR信号を捕捉しません。

オプション品

オプション バックパック、GPS深浅測量システム(GPMATE-ECHO(Win))、ノートパソコン、RTKGPS測量ソフトウェア(PoketGPMate)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


GNSS受信機の関連商品はこちら

3周波GNSS受信機 GPS1200+(ライカジオシステムズ)のアンテナは、GPS、GLONASS、Galileo、Compassのすべての衛星信号を同時に120チャンネル受信することができます。

GPS測地測量RTK受信機 SR530(ライカジオシステムズ)は、非常に軽量であり、低消費電力、操作も簡単で、測量はもちろんマシンコントロールやモニタリングのアプリケーションで利用できます。

GPS受信機の常識を超えた、GPS/GLONASS受信機のGNSS受信機 LEGACY-E+(トプコン)

中波ビーコン基地局やMSASなどの補正情報を受信し、サブメートルで位置を算出することができるディファレンシャルGPS受信機 DSM232(ニコン・トリンブル)