軽量コンクリート圧縮試験機 SH-30 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

軽量コンクリート圧縮試験機 SH-30(ワイビーエム):圧縮試験機:コンクリート構造物診断機

φ50×100mmの供試体と最大30kNの圧縮荷重に対応のコンクリート圧縮試験機

SH-500と比べて、寸法φ185×420mm、重量15kgと小型モデルです。製造物の品質に対し厳しい保証が求められる時代になっています。コンクリート構造物の強度不足によるトラブルを未然に防ぐには、現場で打設されたコンクリートの強度をこまめに管理する必要があります。

機種名 軽量コンクリート圧縮試験機
型番 SH-30
メーカー名 ワイビーエム
軽量コンクリート圧縮試験機 SH-30

操作方法

Step.1

プラスティックモールドなどにより試験体を製作。


Step.2

荷重計を試験体のサイズによりセットします。


Step.3

ピークホールドモードに設定して試験を行います。


Step.4

試験体を試験機の中央にセットし、飛散防止カバーをかぶせます。手動ポンプのバルブを閉じてください。


Step.5

手動ポンプのハンドルを上下に動かし、試験体に荷重をかけます。試験体の圧壊と同時に圧縮強度がデジタル表示されます。


値は、荷重計の真正面からお読みください。荷重の精度は、±1.0%です。JQAより検査を受けたマスターゲージによる検査を行い、その誤差を測定し精度表として添付いたします。


Step.6

手動ポンプのバルブを開いて圧力を減圧します。

精度の証明

日本品質保証機構(JQA)の検査を受け、その成績書を添付します(有料)。

精度の維持

日本品質保証機構(JQA)から検査を受けたマスターゲージにより定期的に精度検査を行います(有料)。

よくある質問

φ50の供試体で何N/mm2まで荷重することができますか?

φ50ですと、30KN加圧時に15.28N/mm2まで荷重がかかります。それ以上加圧すると、センサーの破損につながりますので、SH-500をお勧めします。
SH-500には100mmのスペーサーが構成品に含まれていますので、φ50×100mmの供試体もご使用いただけます。


仕様

手動ポンプ能力 使用圧力:50MPa{500kgf/cm2} (最大)
使用圧力:2MPa{20kgf/cm2}(最小)
本体能力(30kN) 供試体:φ50×100mm
圧縮荷重:30kN(最大)
油圧シリンダ ストローク:15mm
受圧面積:6.42cm2
圧力センサー及びデジタル表示器 能力:30kN用
寸法 φ185×420mm
重量 15kg

構成品

標準構成品 試験機本体、保護カバー、手動ポンプ、30KN用圧力センサー(ケーブル・表示器付き)、アッパープレート(高さ28mm)、ローアープレート(高さ21mm)、住宅基礎施工管理ソフト、取扱説明書、収納ケース

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメコンクリート構造物診断機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
ストラクチャスキャン
SIR-3000

構造物内の鉄筋の評価、道路下の埋設管や空洞探査などの地中探査に最適

デジタル超音波探傷器 UI-25
超音波測定器エルソニック
ESI/P-10

コンクリートの強度測定、ひび割れ深さ測定、厚さ測定、内部欠陥の検出が可能

超音波探傷器 EPOCH4
シュミットテストハンマー
NR形

コンクリートを破壊することなくコンクリートの経年変化を調査可能

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンディサーチ
NJJ-105

密接鉄筋の探査に威力を発揮する、抜群の高分解能