プロフォメーター5 スキャンログ型取扱説明書 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

プロフォメーター5 スキャンログ型取扱説明書:鉄筋探査機:コンクリート構造物診断機

独自の測定原理を使用した、画期的な非破壊式鉄筋探査機です。スキャンカー付きで、サイバースキャン法による配筋状態の表示ができるスキャンログタイプです。

機種名 プロフォメーター5
型番 スキャンログ型
メーカー名 プロセク
プロフォメーター5 スキャンログ型の詳細を見る  
プロフォメーター5 スキャンログ型

簡易取扱説明書

I.測定手順
準備 a)電源スイッチをいれる。 型式・S.NO・ソフトver・バッテリー残量時間が表示される。
b)プローブを空中に持ち上げる。 液晶画面一番下ゲンザイチに0mmと表示される。
II.測定
1)鉄筋の位置およびかぶり厚さ測定 鉄筋径を入力。
測定場所NO.の設定。(データー出力時、自分でわかるようにNO.をつける。)
トウケイテキニソクテキにカーソルを合わせ【START】を押す。
鉄筋位置の探査開始
「ピー」音がなり【STORE】キーでデーターの保存。
測定が終わったら【END】キーを押す。
2)サイバースキャン法を用いた測定 プローブのスタート位置を決定するため測定範囲をマーキングする。
プローブにスキャンカーを取り付けます。
鉄筋径を入力
測定NO.を設定
スキャンニングにカーソルをあわせて【START】キーを押しながら表示がでたら【END】キーを押す。
プローブを移動させる方向を決め、プローブを空中で保持し【RESET】キーを押す。
鉄筋の上を通過すると鉄筋の位置が太線で表示、測定が終わったら測定方向を変更。
【RESET】を押し、プローブを上からゆっくり移動させます。
鉄筋の上を通過すると鉄筋の位置が細線で表示され、測定が終了したら【↓】を押し測定が終了【STORE】キーでデーターの保存。
3)グリッド機能を用いた測定 プローブにスキャンカーを取り付けます。
鉄筋径を入力
測定NO.を設定
測定間隔を設定
ディスプレイレンジを設定
プローブを移動させるラインを決めるために、測定面にマーキングする。
グリッド デ ソクテイにカーソルをあわせて【START】キーを押しながら表示が出たら【END】を押す。
プローブを移動させる方向を決め、プローブを空中で保持し【RESET】キーを押す。
プローブをスタート位置からゆっくり移動させカーソルはプローブの動きとともに動きます。
範囲内の測定を繰り返し行ないます。
III.データー出力
  a)サーマルプリンターDPU-201GSと表示部を付属のRS232Cケーブルで接続する。
b)データ出力したい測定場所NO.を選択する。
c)カーソルを合わせ【メニュー】キーを押し選択するとそのNO.の測定データが表示される。
d)測定結果のプリントアウト。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメコンクリート構造物診断機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
ストラクチャスキャン
SIR-3000

構造物内の鉄筋の評価、道路下の埋設管や空洞探査などの地中探査に最適

デジタル超音波探傷器 UI-25
超音波測定器エルソニック
ESI/P-10

コンクリートの強度測定、ひび割れ深さ測定、厚さ測定、内部欠陥の検出が可能

超音波探傷器 EPOCH4
シュミットテストハンマー
NR形

コンクリートを破壊することなくコンクリートの経年変化を調査可能

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンディサーチ
NJJ-105

密接鉄筋の探査に威力を発揮する、抜群の高分解能

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト