アンカーテスター DPG100 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

アンカーテスター DPG100(日本ヒルティ):引張試験機:コンクリート構造物診断機

手軽に引抜強度の確認試験ができます。

DPG100は取付、操作ともに簡単に引抜試験を行えます。アンカー施工者・設計事務所・建設作業者・施主の方々にとって手軽な試験で大きな安心を得られる小型試験機です。100kNまでの測定が出来ます。

機種名 アンカーテスター
型番 DPG100
メーカー名 日本ヒルティ
アンカーテスター DPG100

特長

  • アンカーシステムを破壊せずに、耐力確認できるので保守点検に最適
  • ハンディなケース入りで持ち運びが簡単
  • 軽量なので高所作業や天井・壁・床面の検査が1人で可能
  • デジタルで測定値が表示
  • 常に一定の精度の高い測定結果が得られます
  • アンカーの変位の測定も同時に可能

コンパクト設計、持ち運びも簡単

  • 機材一式がケースに収納され、軽量で持ち運びにも便利
  • 確認試験 荷重をデジタルで表示
  • 荷重をリアルタイムにデジタル表示、本体のダイヤルゲージにて変位測定が可能

DPG100 使用手順

I.試験方法
  1) 雌(凹)ネジの場合、適合するセンターシャフト(全ねじボルト)をねじ込む。
注意…ねじ込みは確実に行って下さい。ねじ込みが不十分であるとボルト等のねじ山を傷める場合があります。
2)テスターをアンカーにセットする。
3)テスターのスイッチを押して電気回路をONにする。最初はデジタル表示が激しく変化するがすぐに静止する。(0表示ではない)
4)リセットボタンを押してデジタル表示を0又は0.1にする。
5)アダプターナットを軽く手で締付け、アンカーに 0.3〜0.5kNの予荷重をかける。 アンカーの変位を測定するなら回転リングを回して分度器の0を回転角指示盤の基線に合わせる。 回転角指示盤はアンカーの変位を示すが、正確な変位量の測定ができない。(変位は目安程度です)
6)レンチを使ってアダプターナットを検査荷重に達するまで締付ける。
※検査荷重に達する以前にアンカーが弛み始めた時(取付不良)は、レンチを通してはっきりと感じ取る事が出来る。

仕様

メーカー名 日本ヒルティ
名称 アンカーテスター
型式 DPG100
本体重量 3kg
標準セット重量 10kg
表示部 荷重デジタル表示 KN (100kgf)
測定範囲 0〜100kN
測定アンカーボルト M6、M8、M10、M12、M16、M20、M24
ナット幅 36mm
測定誤差 ±0.3kN (±30kgf)
傾斜補正範囲 2.5度
電源電圧 9v 乾電池(006P)
電源電流 7mA
乾電池の寿命 実働 50時間
適正使用温度 −5℃〜+60℃

構成品

標準構成品 本体、9V電池×1、アダプターナット(M6、M8、M10、M12、M16、M20)、ナット(M24)、全ネジボルト(M6×35cm、M8×35cm、M10×45cm)、全ネジボルト(M12×120cm、M16×160cm、M20×190cm、M24×240cm)、スペーサー、中間スペーサー、リングレンチ(32×36)、収納ケース、取扱説明書


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメコンクリート構造物診断機のレンタル商品

工業用ビデオスコープ IPLEX FX
ストラクチャスキャン
SIR-3000

構造物内の鉄筋の評価、道路下の埋設管や空洞探査などの地中探査に最適

デジタル超音波探傷器 UI-25
超音波測定器エルソニック
ESI/P-10

コンクリートの強度測定、ひび割れ深さ測定、厚さ測定、内部欠陥の検出が可能

超音波探傷器 EPOCH4
シュミットテストハンマー
NR形

コンクリートを破壊することなくコンクリートの経年変化を調査可能

ハンドヘルド蛍光X線分析計 DELTA PREMIUM
ハンディサーチ
NJJ-105

密接鉄筋の探査に威力を発揮する、抜群の高分解能