可燃性ガス検知器 XP-3160の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

可燃性ガス検知器 XP-3160取扱説明書:ガス検知器:安全衛生機器

簡易取扱説明書

1.測定準備
1.パワーボタンを押します。 ブザーが鳴り、メイン画面にADJと表示され、バーグラフがカウントダウンします。(暖機運転中)
1.パワーボタン(1) を押します。 指針
2.センサーが安定すると、ブザーが鳴りガス濃度画面が表示されます。表示されると、検知可能です。
  センサーが安定すると、ブザーが鳴りガス濃度画面が表示されます。
3.機器未使用の期間が長かった場合や、周囲の環境によっては、センサーが安定しない場合があります。その場合は、必ず、正常空気中でゼロ調整してご使用ください。
Hレンジに切り替えて、ZERO-ADJつまみを回して指針を目盛0に合わせます。 指針
2.測定開始
1.ガス濃度画面(1.2)にパワーボタンを押すとバーグラフのレンジの切り替えができます。電源ON時はAUTOになっており、AUTO→Hレンジ→Lレンジ→AUTOの順に切り替わります。
Hレンジ Lレンジ
2.ガスの濃度が警報レベルに達すると、警報ブザーを発します。ガス濃度が警報レベルに満たなくなると、自動的に解除されます。ガス警報中に、ブザーストップボタンを押すと、ブザーのみ停止できます。
ブザーストップボタン 警報ブザー発生
3.測定が終わりましたら、正常な空気で吸引を行い、ガス濃度が下がってから、パワーボタンを長押ししてください。
パワーボタン長押し  

ダウンロード

可燃性ガス検知器 XP-3160の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器