硫化水素ガス濃度ロガー OL05の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

硫化水素ガス濃度ロガー OL05取扱説明書:硫化水素検知器:安全衛生機器

簡易取扱説明書

1.測定準備
1.ボタンを3秒間押します。本体液晶画面の【On】が【3】から【1】までカウントダウンし、それから電源が入ります。
それからボタンを離します。表示は他の画面を順に進んだ後、【INST】画面を表示します。
ボタンを3秒間押す 起動画面
2.付属のソフトウェアをパソコンにセットアップ後、赤外線ポートを本体右下のLINKの位置に設置してください。ボタンを押して、IrdCというメッセージが表示されたら離し、赤外線通信リンクでパソコンと接続してください。
LINKの位置に設置 LINKの位置
3.インストールしたソフトウェアを起動し、機器パラメーターをクリックし、ログ間隔の項目を任意に設定し、送信をクリックしてください。
機器パラメーターをクリック ログ間隔の項目を任意に設定
4.本体を新鮮な大気のある場所に置いてボタンを押します。【nuLL】というメッセージが表示されたら離します。マグネットを本体左側のNULLという表示の上に近づけてください。設定が終了すると、【donE】というメッセージがしばらく表示され【INST】画面に戻ります。
マグネットを本体左側のNULLという表示の上に近づける 【donE】メッセージ
2.測定開始
1.ボタンを【LOG】というメッセージが表示されるまで押し続けて離します。
(記録の確認は画面上の【INST】というメッセージが点滅することで確認できます。
ボタンを【LOG】というメッセージが表示されるまで押し続けて離す 【INST】というメッセージが点滅
2.ボタンを【Stop】というメッセージが表示されるまで押し続けて離します。
【Stop】というメッセージが表示されるまで押し続ける  
3.ログダウンロード
1.本体とパソコンと接続してください。ソフトウェアを起動し、ログダウンロードをクリックしてください。データが表示されます。
ログダウンロードをクリック データ表示
2.ボタンを【OFF】という表示されるまで押し続けてください。3、2、1、OFFとカウントダウンされてから離します。
【OFF】という表示されるまで押し続ける  

ダウンロード

硫化水素ガス濃度ロガー OL05の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器