ライフゼム空気呼吸器 K30の簡易取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ライフゼム空気呼吸器 K30取扱説明書:空気呼吸器:安全衛生機器

簡易取扱説明書

1.注意事項
  • 本マニュアルは、簡易な取扱説明書です。ご使用前は、必ず取扱説明書をお読みください。
2.各部名称
各部名称
3.準備(外観点検)
1.面体に変形、傷、汚れなどがないか確認し、ボンベと高圧ホースを接続します。
ボンベと高圧ホース接続  
※確認事項 そく止弁と高圧ホースに異物の付着がないか。高圧 ホース装着のOリングに傷がないか。
2.ボンベがハーネスに確実に固定されていることを確認してください。
3.準備(ボンベ圧力・デマンド機能の確認)
1.バイパス弁が閉じていることと、陽圧レバーがOFF になっていること確認 します。
2.そく止弁をゆっくり全開にし、指示計の値(12MPa 以上)を確認します。
3.バイパス弁を開き空気が噴出し、閉じると止まれば良好です。 陽圧レバーをON → OFF と切り替え、ON のとき空気が噴出し、OFF に止ま れば良好です。
4.そく止弁を閉じ、バイパス弁を少し開き、圧力を下げ3MPa 付近で警報が 鳴ることを確認します。
4.装着方法
1.機械を背負い、脇バンドを下へ引き、背中に固定します。
 
2.胸バンド・腰バンドを連結し、バンドの長さを調整します。
3.面体のひもを緩め、面体をあごの方からかぶります。ひめしもを上部を左 右から締め、下部を締めます。
 
  • ヘルメット・眼鏡をしたままで、装着はできません。
  • ヘルメットは、面体装着後、着装してください。
4.陽圧レバーをON にし、面体から漏れが無いか確認し、無ければ面体のほ ほ部分に指を差し込み、空気がその箇所から漏れれば良好です。
 
※バイパス弁・デマンド機能の使用は使用時間を大幅に短くしますのでご注意ください。

ダウンロード

ライフゼム空気呼吸器 K30の簡易取扱説明書は以下よりダウンロードいただけます。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト