磁界曝露レベルテスタ ELT-400 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

磁界曝露レベルテスタ ELT-400(Narda S.T.S.):電磁波測定器:安全衛生・放射線測定器

EN62233・IEC62233適合の低周波磁界強度測定器です。

1Hz〜400kHzの低周波磁界強度測定器です。
外部出力端子からの出力によりオシロスコープでの波形解析が可能。あらゆる波形について曝露評価することができます。

機種名 磁界曝露レベルテスタ
型番 ELT-400
メーカー名 Narda S.T.S.
磁界曝露レベルテスタ ELT-400

特長

「ELT-400型磁界曝露レベルテスタ」は、一般または職場の環境における低周波磁界強度を評価するための等方性磁界測定器です。
低周波磁界について、体内に誘導電流が流れることによる神経刺激が人の健康に影響をするため、ICNIRPがガイドラインを定めています。さらに測定方法については、ヨーロッパ規格EN62233および国際規格IEC62233により規定され、これら規格の対象である家庭用電気製品および電動工具を端緒として、今後一般環境、労働環境での低周波磁界測定と安全管理が必須事項となっていくでしょう。

主な用途

  • 家電製品(EN62233・IEC62233)
  • 自動車、その部品などのノイズ解析
  • 電気炉、電気溶接など労働環境測定
  • 盗難防止装置の安全性確認

EN62233・IEC62233適合試験用に

シェイプドタイムドメイン(Shaped Time Domain, STD)方式

EN62233・IEC62233は、家庭用電気製品や電動工具などから漏洩する低周波磁界(10Hzから400kHz)が、ICNIRP人体防護ガイドライン以下になることを定めています。特に、EN62233ではCEマーキングの条件となっており、ヨーロッパに製品を輸出するためには必須の試験です。

EN62233・IEC62233の測定手順は下の通りです。
初めに100cm2磁界プローブで測定、不適合の場合にはカップリング・ファクタを考慮する必要があり、必要に応じて3cm2磁界プローブを使います。ELT-400型には標準付属の100cm2磁界プローブと、オプションの3cm2磁界プローブが用意されています。

EN62233・IEC62233の測定手順

ノイズ解析用に

3軸アナログ電圧出力端子搭載

3軸アナログ電圧出力端子搭載ELT-400型は、人体防護を目的とした測定だけでなく、機器の誤動作などEMC問題を解決するためのツールにも活用できます。
低周波磁界による機器の誤動作問題が最近増えてきています。機器を設置した後に誤動作が発生することがほとんどです。こんなとき、ELT-400型はコンパクトなので、現場での測定に重宝します。また、アナログ出力機能を使って、磁束密度の時間変化を確認すれば、誤動作問題の原因究明、対策もスムーズに進められるでしょう。

ELT-400とIEC62233

IEC62233基準測定法ELT-400
周波数帯域 10Hz-400kHz 10Hz-400kHz
測定プローブ100 cm2±3cm2の3つの同心コイル100 cm2 等方性プローブ
基準測定方法時間軸評価 Exposure STDモード (Narda特許)
検出方法RMSRMS
平均時間1秒 1秒
セルフノイズ < 5% < 1%

100cm2磁界プローブ

100cm2磁界プローブIEEE/VDE規格、EN62233・IEC62233標準測定法、人体防護目的の測定に

100cm2磁界プローブは、元々IEEEおよびVDEで、人体防護目的で測定を行う場合の磁界センサの規格として定められたものです。一般あるいは労働環境の安全管理を行う場合にはこのプローブを使って測定します。 EN62233・IEC62233でも標準測定法のセンサとして定められています。初めにこの100cm2磁界プローブを用いて測定を行い、ICNIRPガイドライン(100%)以下の値が表示されれば合格です。

3cm2磁界プローブ

3cm2磁界プローブEN62233・IEC62233カップリングファクタ、優れた空間分解能でノイズ解析に

3cm2磁界プローブは、EN62233・IEC62233で、カップリングファクタを求める際に使用するセンサとして規定されています。100cm2磁界プローブで測定した値がICNIRPガイドラインを超え、かつカップリングファクタがEN62233で定義されていない機器を試験する場合に必要です。 また、空間分解能に優れているため、ノイズ解析に最適です。

コイルの測定限界(ダメージレベル)について

磁界プローブで使われるコイルの測定限界値は周波数とともに減少します。これは、コイルの基本特性です。一般に、測定器のカタログには最大値のみ記述されるため、これに気づかず、過大入力によってプローブが壊れてしまうことが多くあります。
ELT-400の100cm2、3cm2磁界プローブもコイルを使っているので、上記のような特性を持っています。右は100cm2磁界プローブ、3cm2磁界プローブのダメージレベル特性です。

コイルの測定限界

よくある質問・使用上注意点

計測データを後からPCで確認することはできますか?

本器にデータメモリはありませんので、 測定後にPC及び本体で確認するといったことはできません。

レックスで扱っているのは、ICNIRPガイドライン1988年モデルと2010年モデルどちらですか?

1988年モデルとなります。


仕様

100cm2磁界プローブ,3cm2磁界プローブ 共通

アナログ出力 3チャンネル(X-Y-Z)
アナログ出力レベル 各モードのオーバーロード限界 = 800mV
インターフェース RS232(19200baud, 8n1, X0n/Xoff)
動作温度 -10 ℃ - +50 ℃
湿度 < 95% (30℃) または < 29g/m2、結露なきこと
バッテリ NiMHリチャージブル(4個) 
  動作時間 12時間
充電器 100 – 240 V AC / 47 Hz – 63 Hz
充電時間 2時間

100cm2磁界プローブ(+本体)

周波数レンジ 1Hz – 400kHz, 10Hz – 400kHz, 30Hz – 400kHz
センサ形状 等方性、100cm2コイル(3個)
ダメージレベル RMS  160mT
77.5Hz超えると、ダメージレベルは線形的に減少する(1/f)
Peak 226mT
620Hz超えると、ダメージレベルは線形的に減少する(1/f)
※パルス幅15.6ms、デューティ比1/64以下のパルスの場合
測定確度 4% (50Hz – 120kHz)
寸法・重さ 290 x 125Φ mm ・ 910g(本体含む)
Exposure STDモード
モード ICNIRP Gen. Pub ICNIRP Occup.
レンジ LOW HIGH LOW HIGH
オーバーロード限界 160% 1600% 160% 1600%
ノイズレベル 1% 5% 1% 5%
表示分解能 0.001%
検出方法 RMS(1秒)、Peak、Stnd
FIELD STRENGTHモード
モード 320μT 80mT
レンジ LOW HIGH LOW HIGH
オーバーロード限界 32μT 320μT 8mT 80mT
ノイズレベル 60nT 320nT 10μT 80μT
表示分解能 1nT
検出方法 RMS(1秒)、Peak

3cm2磁界プローブ(+本体)

周波数レンジ 1Hz – 400kHz, 10Hz – 400kHz, 30Hz – 400kHz
センサ形状 等方性、3cm2コイル(3個)
ダメージレベル RMS  1500mT
30Hz超えると、ダメージレベルは線形的に減少する(1/f)
Peak 2121mT
240Hz超えると、ダメージレベルは線形的に減少する(1/f)
※パルス幅15.6ms、デューティ比1/64以下のパルスの場合
測定確度 6% (50Hz – 120kHz)
寸法・重さ 250 x 32Φmm ・ 840g(本体含む)
Exposure STDモード
モード ICNIRP Gen. Pub ICNIRP Occup.
レンジ LOW HIGH LOW HIGH
オーバーロード限界 1500% 15000% 1500% 15000%
ノイズレベル 10% 50% 10% 50%
表示分解能 0.001%
検出方法 RMS(1秒)、Peak、Stnd
FIELD STRENGTHモード
モード 320μT 80mT
レンジ LOW HIGH LOW HIGH
オーバーロード限界 300μT 3mT 75mT 750mT
ノイズレベル 600nT 3.2μT 100μT 800μT
表示分解能 1nT
検出方法 RMS(1秒)、Peak

製品仕様は予告無く変更する事がございますので御了承下さい。

構成品

標準構成品 本体、ACアダプタ、100cm2磁界プローブ、3cm2磁界プローブ、プローブ延長ケーブル、アナログインターフェースケーブル、シリアルインターフェースケーブル、収納ケース、取扱説明書、簡易取扱説明書

ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)

国際非電離放射線防護委員会 ICNIRP(International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection)は、1977年に国際放射線防護学会(IRPA)の国際非電離放射線委員会(INIRC)として発足し、その後1992年に独立した専門組織として設立されました。

電磁界(電磁波)は非電離放射線とも言われ、放射線の一種です。我々が日常耳にする放射線は、正確には電離放射線というもので、非常に強いエネルギーを持ち、人体に直接的な影響を及ぼします。電磁界(電磁波)は、電離放射線ほどのエネルギーはないため、目に見えるような影響はほとんどありません。しかしながら、電磁界(電磁波)も強くなれば、人体に影響を及ぼすことが知られています。

ICNIRPは、世界保健機関(WHO)や国際労働機関(ILO)、国連環境プログラム(UNEP)など国際機関と協力する中立の非政府組織です。電磁界に関する生物への影響を調査し、電磁界曝露限度のガイドライン作成を行って、電磁界による健康影響を防ぐための様々な活動を行っています。 WHOの国際EMFプロジェクトにも参加しています。

ICNIRPは、1998年、様々な科学的根拠に基づいて「時間変化する電界、磁界及び電磁界による曝露を制限するためのガイドライン(300GHzまで)」を発行し、現在世界の多くの国でこのガイドラインが電磁界曝露の安全基準として用いられています。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器