バイタス空気呼吸器 843HV-S取扱説明書のご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

バイタス空気呼吸器 843HV-S取扱説明書:空気呼吸器:安全衛生・放射線測定器

呼吸に応じて必要な量の空気を供給する、デマンド型の空気呼吸器です。使用時間の目安は約30分間です。減圧警報は打鈴式。

機種名 バイタス空気呼吸器
型番 843HV-S
メーカー名 興研
バイタス空気呼吸器 843HV-Sの詳細を見る 
バイタス空気呼吸器 843HV-S

簡易取扱説明書

1.装着前準備 1)減圧弁部からきている中圧ホースのジョイントに、面体側の中圧ホースのジョイントを押し込んでください。
※ジョイントはかならず「カチッ」と音がするまで接続してください
2)面体と供給弁部の接続部のネジを確実にしめつけてください。
3)そく止弁をゆっくり開き、ボンベの圧力が120kgf/cm2以上あるか確認してください。この際に接続部からエアーの漏れがないか確認してください。
2.装着手順 1)自分の一番バランスの良い所で調節し、腰ベルトはワンタッチバックルで止め、長さを調節してください(圧力指示計は腰ベルトに固定Hしてください)
2)面体側の中圧ホースと減圧弁部からの中圧ホース のジョイント部を「カチッ」と音がするまで確実にはめ込んでください。
3)そく止弁をゆっくり開き、全開にして半回転戻します。
4)面体の装着
5)面体のフィットテスト
ボンベのそく止弁を締めゆっくり息を吸います。
圧力指示計を見て約30kgf/cm2のところで警報器が作動すか確認します。
さらに息を吸うと警報音がとまり完全に空気がこなくなります。
そこで強く息を吸い、面体がきゅっと顔に吸い寄せられるようでしたら装着は正しい事になります。
6)面体の装着ができたら、再びそく弁を開けてください。
3.装着の注意 1)作業は最低2人以上で行なってください。
2)作業中は圧力指示計を時々みて作業量と比べ、ベルが鳴り始めた作業を中断して安全な所へ非難してください。(ベルが鳴り始めてから約6分)
※重労働では残り使用可能時間は上記より少なくなりますので注意してください。アラームは最終確認です。
4.脱着方法 1)使用後は安全な所で面体を外しそく止弁を閉めてください。
2)機構内に残っているエアーを抜く為、供給弁中央のクリアーボタンを押してください。完全エアーが抜けると圧力指示計が0に戻ります。次に面体ホースのAPジョイントを抜いてください。
3)機器降ろす際は、ていねいにゆっくりおろしてください。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ安全衛生測定機器関連レンタル商品

シンチレーションサーベイメータ TCS-172B IPLEX FX
シンチレーションサーベイメータ TCS-172B
エネルギー補償タイプのシンチレーションサーベイメータ

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
マルチ型ガス検知器
XP-302M-A-4

酸素・可燃性ガス・硫化水素・一酸化炭素の4種のガスを同時測定・表示

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
硫化水素測定器
ToxiRAE Pro(H2S)

コストパフォーマンスに優れたメンテナンスフリーな個人用ガス検知器

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
リモートケーブルにより遠隔測定可能!本質安全防爆構造、ガス検知器